印鑑登録カードを出すだけでできます

自動車を手放す場合や、そして所有車の売買の際もどちらも印鑑証明がなければなりません。合宿免許の実態 無料

この印鑑証明という書類に関して説明していきます。50代女性薄毛

印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印として認められていることを保証する正式な書類です。すっぽん小町 白髪

これがないのであれば、その印鑑について実印として認められているかどうかが証明できません。結婚式場 見学 予約

高額な売買になる該当する車の買い取りですので必然的に実印が必要になることになりますが、その際に印鑑証明という書類が必要となるのです。

印鑑証明書を実際に発行するためにはまず印鑑証明しておかなければなりません。

印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印と言われ世界で唯一の印鑑でなくてはなりません。

実印を手配して、最寄の市町村役場の受付へいけばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて登録が完了した判子は実印ということになります。

印鑑証明を交付してもらうためには、市町村役場の窓口へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを出すだけでできます。

それから、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はないのです。

そのため、いつの印鑑証明でも印鑑証明としての効力は消えないのです。

しかし、自動車買取の際は、必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

普通は期限を定める必要はありませんが所有車の買い取りの際は買取先が有効期限を教えてくれるので中古車売却を考えているとしたら、事前に用意しておく必要があります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.atousvar.com All Rights Reserved.