信用が上がれば

キャッシングした場合、返済をする時には利息分を含めての払いになるのは周知の事実です。ボニック

キャッシング会社は利益をターゲットにした業者なのですから当然です。浮気と携帯メールの関係

そうはいっても返済する方は、少しでも少なく支払いたいというのが心中でしょう。在籍確認なし プロミス

利息制限法が定められる一昔前は、30%近い利子返していましたが、定められてからは高額でも年間18%位ととっても低く決められているので、とってもお得になった気がします。初中級者の英語基礎

今日のローンの利率範囲は4%位から18%位の幅が設けられていて、利用可能額により設定されます。

利用可能額は申請者の与信によって決定します。

総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年の収入がどの程度なのか?どのような職についているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?などが調べられ与信限度額としてカードの内容が決まることになります。

カードを使ったキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各社で使用可能額は異なります)と広い幅があります。

そしてその幅の中で決められた使用可能額により利率も決まるのです。

50万円なら年18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった具合になるでしょう。

いわば、信用が上がれば、与信額も上がり、利子も低くなるというわけです。

この事実に違和感を感じるのは僕だけでしょうか?金融会社にとって、それらは当然のはずですが、年収の良い人がキャッシングローンが必要とは思えませんし、万一キャッシングサービスを利用したケースでも利息が良かろうが悪かろうがお金の返済に追い込まれる事はないでしょう。

逆に一年の収入の少ない人はすぐさまお金がほしいから融資を受けるという方がほとんどです。

金利が高いと支払いに悩むはずです。

ですから可能範囲の小さい人こそ低利子で使えるようにすべきです。

この見方は活用する立場としての考えとなります。

これらの事を考慮すると、利率を安くする為にはどのようにすれば良いのか漠然と分ったのではないでしょうか。

実際にこれから書く方法で、手続きを申し込む人が大勢いるので紹介しますと、キャッシングサービスの申請をする時に、年収の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円で申し込み、カードローン審査で全金額通ればその分利率が安いカードを持つことができるはずです。

と言って全額使用しなければならないというわけではありません。

10万円でも20万円でも必要な金額だけ利用ができます。

さらに上限利用金額が300万円で最低金利年率7%位のローン業者も有りますので、そちらを申請すればその業者の最低金利で返済できるようになります。

どうですか?アプローチ次第で低利息のキャッシングできるカードを持つことが出来るのです。

自身の年収とローン会社の設定を比較し、調査に時間を割けば、より有利な契約でキャッシングできるため、面倒だと思わず確認するようにしてください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.atousvar.com All Rights Reserved.