対応する方法なども身についていくはずである

FX取引の経験の浅い方がFXの要を探すためには、第一に実戦を重ねる事が大切である。80-11-82

先にピンチを回避できるようになるためには、ミスを重ねる事も経験のひとつ。80-15-82

ただし、ミスをするといっても、決定的な過ちをする事は話になりません。80-18-82

取り返しが付くケアレスミスを何度か重ねる事が最後にあなたのレベルを上げてくれるはずです。80-10-82

こう考えるとまずは小さな額でエントリーして、これで数度小さなマイナスを経験することを推奨します。80-16-82

一例として、100万円だけしか投資する余裕が無い状態でいきなり100万円を少しも残さないで投入して売買すると、失敗した時、金輪際やり直せない心配があります。80-4-82

それならば、10万円ずつ小分けしてエントリーして、これで売ったり買ったりを体験した方が、損を対応する方法なども身についていくはずである。80-2-82

まず少ない額で投資することの良いところは先ほど書いたように、自身の実戦を増やし、間違いを管理する方策を習得していく事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を積み重ねる事で、危険を削減する事ができるという長所もあります。80-8-82

想定として、取引で勝てる確率が5割だとしよう。80-20-82

この条件では、同じ条件で負ける危険性もあるということになる。80-17-82

勝率50%ということは半分の割合で利益が出る事を言い表しています。

ですが、全ての資金を投じてただ1回の勝負をするということは、勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。

これはただの丁半バクチと同じです。

つまり、全ての投資資金を使って1回しかトレードしないと、それだけ負ける率が高まってしまいます。

それだけに、投資資金を1度に全部使うのではなく、いくつかに分けて、投資回数を増やす事がリスク分散となる。

だからといって何度かに分けたとしても、すべての取引で利益を出す事は大切ではありません。

と言うよりは、勝利できないのが実際のところです。

売買で肝心なのは、勝つ回数ではなく、いくら儲けるかです。

勝率が50%でも、例えば勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

負ける確率が高くてもその損益がわずかならば、3割の勝ちのプラスの大きさだけでうまく稼げます。

そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

損したらすぐさま損切りして反対に儲けられる場面では大きく利益を上げることが、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方がFXで勝つための方法です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.atousvar.com All Rights Reserved.